神様の真の愛を相続しよう!

HOME
 世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会
  Family Federation for World Peace Unification Takasaki Home-Ch. 
 
FFWPU公式サイトバナー
 

来訪者カウンタ

66529番目の来訪者です。
Since 2015.12.27

※カレンダーについて

・ のついている日をクリックするとその日の行事等が表示されます。さらにその行事をクリックすると内容が表示されることがあります。



自叙伝バナー
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人

世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会のホームページへようこそ!


   高崎家庭教会についてはこちら ⇒(「教会紹介」のページ)

〇2020年1月19日(日)実施「2020孝情ファミリー大新年会 IN 群馬」のお知らせを掲載しました。(2019.10.26)絵文字:NEW

毎週日曜日10時より教会礼拝堂にて日曜礼拝を行っております。ぜひお越しください。(ただいまの時期ですと、スリッパをお持ちいただけるとよろしいかと存じます。)
 

(2020.1.19)「2020孝情ファミリー大新年会 IN 群馬」を開催します!

孝情ファミリー大新年会 日時:2020年1月19日(日)
   ①開場 17:00
   ②開会 
18:00
 【スローガン】
  *みんな家族になろうよ
  *豊かな郷土は幸せな家庭から
   
 場所:ヤマダグリーンドーム前橋

 主催:2020孝情ファミリー大新年会 IN 群馬実行委員会
 
 
 公式サイトはこちら

Facebookページはこちら

Twitterページはこちら

Instagramページはこちら
 
 
【2019年 年頭標語】
「創造主、天の父母様に似た、真の愛を実践する天一国の真の主人になろう」
 
【2019年 VISION】
幸せな家庭   健康な教会
国家と世界に貢献する統一運動
 

高崎家庭教会よりお知らせ
※カレンダーの行事予定もご覧ください。
12345
2020/01/12

天一国7年天暦12月18日(陽暦2020年1月12日)週報のみ言

| by システム管理者
    <み言>
<真のお父様のみ言>
「神様が保護することのできる理想の国で死ぬべきではないのか?私がそのように生きていくことができなければ、私の生涯は悲惨な生涯ではないだろうか。だから死ぬ前にその国を取り戻し、一日でもいいからそこで暮らしてから逝かなければならない」というのが私の一生の願いです。(二〇〇三・二・五)

<真のお母様のみ言>

私は天の摂理が分かったので「また来る」と言われたイエス・キリストの代身の使命を持って来られた文鮮明(総裁)と一九六〇年に聖婚しました。

真の父母の顕現は、国家が歓迎する位置で、国家基盤を通して、出発されなければならないのです。今日、国家間における問題に対して、個人的に、あるいはNGO団体を通して、立派なことを行っているとしても、国家の基盤なくしては、進んで行く道が遠いのです。しかし、一対一で国家間の締結がなされるようになれば、簡単に伝播がなされます。

いま、天と人類の前に、天の父母様の夢を成すことのできるモデル国家を誕生させました。誕生させたことで、そのままにしておいてはいけません。生命が、赤ちゃんが誕生すれば成長期間が必要です。同じようにサントメ・プリンシペに対してもこれから行っていくべきことがあります。

ロトの妻は未練が残っており、振り返ってしまって塩の柱になったと言う聖書の話があります。そうです。天の摂理は進行されています。先に進んでいます。後ろを振り返ってはいけないという話です。


文化公演:「翼をください」合唱

礼拝後の合唱練習

21:52 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2020/01/05

天一国7年12月11日(陽暦2020年1月5日)週報のみ言

| by システム管理者

    <真のお母様のみ言>

    12月27日アメリカ・ニューヨーク・マンハッタンセンター
    世界キリスト教聖職者協議会創設大会

 私は天の摂理が分かったので、「また来る」と言われたイエス・キリストの代身の使命を持って来られた文鮮明総裁と1960年に聖婚しました。
 その真の父母の位置には、キリスト教の基盤が環境になってくれなければなりませんでした。
 私は皆様を信じたいです。特にきょうこの場に世界から集まった聖職者の皆様は、この時代に天が準備した義人です。義人たちの使命は何でしょうか。
 自分のことを考えるよりも、ために生きる真の愛で国と世界を抱けなければなりません。
 それが独り娘、真の母がしている、堕落した人類を天の父母様の子女として導くこの祝福こそ6000年の間待って来た人類の願いであり、夢であり、天の父母様の願いであることを知らなければなりません。
 独り娘、真の母によって新しい時代、新しい摂理が進められています。天一国7年です。今からは皆様が先頭に立たなければなりません。世界76億人類について考えてみると、天の父母様が抱きたいと思うその子女たちを知らないということはできません。
 一日も早く、皆様を通じて彼らを天の父母様の子女として導く義人、聖職者、指導者の皆様となるように宿願します。そうするところにおいては、皆様のそれぞれの基盤を世界的に一つに束ねるWCLCの創立こそ、天の父母様の夢、人類の願いを早い期間内に成就して差し上げることのできる祝福であることを記憶して下さるように願います。
 その先頭に立ち、振り返らず前に走って行く、皆様全員が義人となり聖職者となるように宿願します。


21:54 | 投票する | 投票数(0) | 今日の出来事
2019/12/29

天一国7年天暦12月4日(陽暦2019年12月29日)週報のみ言

| by システム管理者

    <今週のみ言>


神統一韓国時代開門 汎国民祈祷会
陽暦2019.1.1.0時 清心平和ワールドセンター

真の父母様の祝祷

 天の父母様!数多くの逆境と患難の中で、この民族を掴んでこられた限りない愛と恩賜の前に感謝申し上げ、ありがたく存じます。今や2020に、1年を残したこの己亥年は、十千十二支の最後の年として、新しい庚子(かのえね)年を出発できるその時に向かって、この民族が必ずや天の祝福を受け入れて責任を果たすことのできる、「私の愛する息子娘のいる、私の祖国だ!」と言えるこの国にならなければなりません。天の父母様!限りなくあなたの大きな恩賜の前に不足でありますが、最善を尽くし、あなたの夢を必ず成して差し上げる大韓民国になることを、天の父母様とこの民族と全世界の前に祝願・宣布いたします。


真のお母様が天上の真のお父様に捧げる書信
天一国7年天暦7月17日(2019年陽暦8月17日)

 お父様はご存じですよね。お父様の聖和後は、本当に言葉では言いようのない、「私だけが残りました」という立場でした。荒漠な砂漠に砂嵐が吹き荒れ、目を開けることもできない環境で、小さな針一つを探さなければならない心情でした。しかしお父様、私は探し出しました。探し出さなければならなかったのです。「2020年までに7カ国を必ず復帰する」という私の決意、「すべての祝福家庭を神氏族メシヤとして天寶苑に入籍させる」という私の決意は、お父様のための、私の贈り物です。この贈り物が、そして天の父母様に対するあなたの孝情の生涯が、全世界に希望の光となることをお祈りします。

 お父様、愛しています!

 お父様、愛しています!

 左:礼拝前の文化公演 右:礼拝後の3世代合唱練習 
18:56 | 投票する | 投票数(1) | 今日の出来事
2019/12/22

天一国7年11月26日(陽暦2019年12月22日)週報のみ言

| by システム管理者

    <今週のみ言>

 マタイによる福音書第1章18節
 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公になることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるが良い。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。彼女は男の子を産むであろう。その子をイエスと名づけなさい。彼はおのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである。」すべてこれらのことが起こったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインヌマエルと呼ばれるであろう。」これは「神はわれらと共にいます。」という意味である。ヨセフは眠りからさめた後に、主の使いが命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。しかし、子が生まれるまでは、彼女を知ることはなかった。そしてその子をイエスと名づけた。

平和経 復帰摂理史の原理観
 イエス様は、母マリヤからも、ザカリヤ、エリザベツからも反対され、最後に洗礼ヨハネからも反対され、肉親の保護を受けながら使命を完遂することを断念するしかありませんでした。新しく霊的基盤を探し求め、再び復帰摂理を出発しようとしたのがイエス様の出家でした。家出したイエス様は行くところがありませんでした。「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」(マタイ8・20)と嘆息されました。親族の基盤を失ったイエス様は、それに代わる基盤を求めて出発したのです。それがイエス様の三年路程でした。


16:58 | 投票する | 投票数(1)
2019/12/08

天一国7年天暦11月12日(陽暦2019年12月8日)週報のみ言

| by システム管理者

    <真の父母様のみ言>

    台湾大会 2019.11.22-23

 今日の人類は、優先的に宇宙の中心であられる創造主が本来、私たちの父母になろうとされたことを知らなければなりません。人類の父母です。
 世界77億の人類が天の父母様を知るようになる時、天を中心とする一つの世界になることができます。そのようになれば、自動的に世界すべての国々が、大きい国であれ小さい国であれ、天の父母様の前に子女国となり、兄弟国となるので、これ以上の戦争や不和はありえません。
 根本を中心として私たちは努力しなければならないでしょう。
 皆さんがこの本質を知り、真の父母とともに人類一家族の夢を成すにあたり、もっと力強く精進していって下さればよいと思います。
 この台湾にすべての民たちが、皆さんを通して天の祝福を受けることのできる、祝福を受けた「神台湾」にならなければなりません。
 皆さんの願いである一つの中国だけでなく、天の父母様を中心とする一つの家庭、One Family under God、それが私たちの最終目標です。
 私はアジア太平洋ユニオンを提唱し、宣布しました。天に侍り、天の摂理を完成させるにあたって責任を果たす位置にこの台湾が立つことを、私は祝福します。私たちには希望だけがあります。


23:53 | 投票する | 投票数(0) | 今日の出来事
12345

Copyright © 2015-2019 世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会 All Rights Reserved.


PAGE TOP