神様の真の愛を相続しよう!

HOME
 世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会
  Family Federation for World Peace Unification Takasaki Home-Ch. 
 
FFWPU公式サイトバナー
 

来訪者カウンタ

47291番目の来訪者です。
Since 2015.12.27

※カレンダーについて

・ のついている日をクリックするとその日の行事等が表示されます。さらにその行事をクリックすると内容が表示されることがあります。



自叙伝バナー
 

オンライン状況

オンラインユーザー3人

世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会のホームページへようこそ!


   高崎家庭教会についてはこちら ⇒(「教会紹介」のページ)

〇チャリティーバザー(2nd)のお知らせを掲載しました。(2018.7.10)
⇒ 8月5日(日)孝情文化フェスティバル IN ヤマダグリーンドーム にて再度開催いたしました。ご来場、まことにありがとうございました!


〇チャリティーバザーのお知らせを掲載しました。(2018.6.5)
⇒ 6月24日に開催しました。ご来場、また、売り上げにご協力いただきまことにありがとうございました。収益金は社会福祉協議会に寄付させていただきます。

    毎週日曜日10時より教会礼拝堂にて日曜礼拝を行っております。ぜひお越しください。

 

(2018.8.5)チャリティーバザーを開催しました!

チャリティーバザーチラシ(0805) 日時:8月5日(日)
   ①バザー 15:00~
   ②模擬店 
15:00~
   ③キッズランド 15:00~
   ④孝情文化フェスティバル 18:00~20:00

 場所:
ヤマダグリーンドーム前橋

 主催:孝情文化フェスティバル IN 群馬実行委員会
 共催:世界平和統一家庭連合 群馬教区

 ご来場、ありがとうございました。このバザーの収益金は社会福祉協議会へ寄付させていただきます。


(PDFファイルのチラシは ➡ こちら[761KB])
 
【2018年 年頭標語】
「創造主、天の父母様に似た、真の愛を実践する天一国の真の主人になろう」
 
【2018年 VISION】
幸せな家庭   健康な教会
国家と世界に貢献する統一運動
 

高崎家庭教会よりお知らせ
※カレンダーの行事予定もご覧ください。
12345
2018/11/11

群馬ファミリー大運動会

| by システム管理者
 2018年11月11日、小春日和の穏やかな日差しの中、高崎市吉井総合運動公園においてAPTF群馬主催「群馬ファミリー大運動会」が群馬教区壮年部のバックアップにより盛大に行われました。
 工夫を凝らした様々な種目と応援合戦のポイントの集計の中、優勝したのは「高崎B」チームでした。おめでとうございます!
壮年部による準備

23:43 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
2018/07/16

芋掘り野外礼拝を行いました。(子女部・幼児部)

| by システム管理者
 7月15日(日)酷暑の中ではありましたが、子女部(小学生)・幼児部(小学生未満)の野外礼拝を市内の堀口農園にてシャガイモ堀りを兼ねて行いました。
 お父さんたちがスコップで畝を掘り起こすと、特大から特小(?)の男爵、メイクイーンがごろごろ出てきます。子どもたちはそれを拾ったり、柔らかくなった土を手で掘り起こしたりしてジャガイモをうれしそうに掘っていました。
 教会に戻ってからは、お母さんたちは屋内で「ジャガイモとチーズのガレット」、お父さんたちは炎天下ではありましたが、屋外で「新じゃがの皮付きバターしょうゆ炒め」を調理し、出来上がったシャガイモ料理をみんなで神様の恵みである万物としておいしくいただきました。

21:55 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
2018/06/24

チャリティバザーを開催しました!

| by システム管理者
 本日は日曜礼拝終了後、高崎家庭教会の礼拝堂では壮年部が主催した社会貢献事業である「チャリティバザー」が行われました。集められたバザー品を購入され、喜ばれるお客様の笑顔が神様のみ旨を成す壮年メンバーにとっても励みになりました。
 また、教会に隣接する駐車場ではテントが張られ、壮年メンバー手作りによる「焼きそば」、「みそおでん」、「りんご酢ジュース」がふるまわれ、口にされた方々から「とってもおいしい」と喜ばれる声が聞かれました。
 このバザーの収益金は社会福祉協議会へ寄付されます。

23:59 | 投票する | 投票数(4) | 今日の出来事
2018/06/24

天一国6年天暦5月11日(陽暦2018年6月24日)週報のみ言

| by システム管理者

    天地人真の父母様招請 言論人懇談会
     天一国6年 天暦5月9日(陽6.22)HJ 天苑
     
 真の父母様のみ言長い歴史を通して、人類は、平和を渇望してきました。過去も、私たちの先祖も、現在に生きている私たちも、いかにすれば、自由で、平和な世の中で生きることができるでしょうか?結論は、いくら努力しても、人間の力では、限界があるということを、私たちは歴史を通して見てきたし、今日、進行している、特に南北問題を見ても、それが簡単なことではないという事を知るようになります。問題は、宇宙の主人であられる、創造主・神様を、私たちは、正しく知らなければなりません。ここに集まった皆さんは、知性人です。真を見極めることができなければなりません。語ることができなければなりません。皆さんには、偏見があってはいけないのです。真実の前には堂々とあるべきです。そのような点で、この国の民は、真の父母の前に、責任を果たしたと見ることはできません。とても困難にしました。聖婚して58年になりますが、しっかりと正しい視点で、眺めることができませんでした。この国が困難になる時ごとに、この国と民族のために、どれだけ献身的な努力を傾けてきたかを、世界人は皆知っています。皆さんは今や、真実を知ったので、はっきりと書かなければなりません。はっきりと語ることができなければなりません。真実の前には、堂々としなければなりません。それで、皆さんに言いたいことは、皆さんが、現在私と共に、このように対話をしているということが、福なのです。祝福です。全ての宗教を問わず、全ての人類には、父母は一方です。天の父母様!父母様の前に皆が、子女とならなければならないのです。子女!それが地上天国です。それが我々人類が行くべき道です。そして、この大韓民国が進んで行くべき道です。真の父母を誕生させた大韓民国は、世界の国々の中で、中心国家とならなければなりません。中心国家!この国が誇るべきものは、真の父母だけしかありません。真の父母と一つとなって堂々と。世界の前に灯火となる国になるべきですが、この国が、神様が抱くことができる、神様に侍る神韓国となる時、世界の前に灯火であり、光であり、中心国家となるという事を、記憶してくださることをお願いします。 

 本日の文化公演は万を持しての「壮年部」コーラス。「み旨の応援歌」を勇壮に歌い上げました。
 また、本日は壮年部主催の「チャリティバザー」が礼拝終了後に行われました。駐車場にはテントが張られ、壮年メンバー手作りの焼きそばやみそおでんがふるまわれました。このバザーの収益金は社会福祉協議会へ寄付されます。
23:44 | 投票する | 投票数(1) | 今日の出来事
2018/06/19

天一国6年 天暦5月4日(陽暦2018年6月17日)週報のみ言

| by システム管理者

    2018
     群馬教区「孝情清平役事恩恵特別集会」
     ~天宙清平修練苑HPより~
     
 天一国6年4月2日(陽暦5月16日)、李命官副苑長と金成南日本事務局長、横井稔明日本研修チーム長が参加する中、群馬県藤岡市において、「2018群馬教区 孝情清平役事恩恵特別集会」が開催されました。平日にもかかわらず、多くの壮年や青年も会社や学校を休んで参加し、合計1281 名が参加しました。この会場は、昨年の10月15日、16日の2日間に分けて 3千名大会を開催した場所で、15日は1万名神奈川大会の真のお母様のメッセージをメインスピーチとして拝聴させていただいた、思い出深い会場です。第1部は、敬拝、家庭盟誓のあと、婦人代表が会場を清めるような聖なる代表報告祈祷をしました。その後、役事のわかりやすい紹介映像を視聴し、役事の意味ややり方を理解したあと、賛美役事に入りました。この日のために精誠を重ねてきた青年の役事チームの力強いリードのもと、会場全体が悪霊を分立するために精誠を尽くして役事を行いました。横井チーム長が舞台中央に立つと、その熱気は最高潮に達し、まさにこの会場が清平ではないかと感じるような、一体感と躍動感がありました。第2部は、主礼の李命官副苑長が入場し、群馬教区の神氏族メシヤ代表家庭が食口を代表して歓迎の花束贈呈をしました。続いて南炅誠教区長が、「真のお母様が私たちに下さった1万名基盤造成の夢を果たす為に、一人ひとりが神氏族メシヤの使命を全うし、5千名大会を必ず勝利しましょう」と、力強い決意のメッセージを語りました。続いて田中富広地区長が登壇し、清平役事の恩恵によって癌が良くなった感動的な証を交えながら清平の恩恵を紹介すると共に、「群馬の5千名大会に向けて、地区も全面的に協力します」とエールを送りました。ここで、参加者一人ひとりが精誠を込めて書いた天運相続孝情奉献書を、五つの家庭教会の教会長、婦人代表が、奉納箱に収めて登壇し、家庭教会ごとに李命官副苑長をとおして天に奉献しました。そして本日の主礼である李命官副苑長様を壇上に迎え、清平役事の恩恵について特別講義の時間を持ちました。李命官副苑長は冒頭で群馬の食口たちを笑顔と言葉で慰労し、天運相続孝情奉献書の恩恵や、先祖解怨・祝福の恩恵など、初めて参加した方にもわかりやすく解説しました。講義の最後には、「天運があり、絶対善霊たちの協助があるので、群馬教区5千名大会は必ず勝利できます」と希望溢れるメッセージを送りました。その後すぐに祝祷をし、群馬教区の食口たちの願いを束ねて天に連結し、そのまま全体で所願成就祈祷の時間を持ちました。そして、天の願いである神氏族メシヤ勝利と、5千名大会勝利に向けて、各家庭教会の決意映像の視聴の時間がありました。それぞれの家庭教会が「わが家庭教会こそ、真のお母様の願いである、神氏族メシヤと 5千名大会勝利の先頭に立ちます」と映像でアピールしました。会場では、創意工夫された映像や、自分の姿を映像の中で見つけては、大きな歓声が上がりました。次の文化公演は、はじめに群馬教区の聖歌隊「ティアーズ」が、「紫のムグンファ」と「You Raise Me Up」の2曲を披露しました。続いて、二世が中心となった天父報恩鼓のメンバーが、孝進様の「汽笛」の音楽にのせて演舞を披露しました。最後は、前橋家庭教会の山崎滋教会長が、「本日、天の父母様と真の父母様の下さった恩恵に感謝して、必ず5千名大会、1万名大会を勝利して、天の父母様と真の父母様に喜びを返して参りましょう」と宣言し、億万歳を捧げました。 

05:30 | 投票する | 投票数(1) | 今日の出来事
12345

Copyright © 2015-2018 世界平和統一家庭連合 高崎家庭教会 All Rights Reserved.


PAGE TOP